游働学

游働学財団
子供時代に身に付ける10の心構え 「10の心構え」は、生き方の羅針盤 ①なぜと疑問に思う。②もっと良い方法がないか探す。③良い事進んで行う。④みんなで力を合わせる。⑤正しいと思うことを堂々と行う。⑥うそをつかない。こそこそしない。⑦おせっかいをする。⑧働くことを好きになる。⑨人に迷惑を掛けない。⑩辛抱、我慢、質素、倹約、勤勉の生き方

游働学とは

人としての生き方を身につける事。それが「游・働・学」
游:志・目標・目的を持って研鑽すること。 働:他の人と共に働くこと。社会との係わりから人として成長すること。 学:「游」や「働」の体験から学ぶこと。体験と学びから反省すること。
生きるための游働学①楽しく生きるために游ぶ②社会に貢献するたに働く③生きがいを求めて学ぶ。生まれてから死ぬまで游働学①生まれてから死ぬまで游ぶ②生まれてから死ぬまで働く③生まれてから死ぬまで学ぶ

「挑戦」と「成長」と「反省」が「游働学」

游:志・目標・目的を持って研鑽すること。生きることに対し挑戦すること。働:他人と共に働くこと。社会との係わりから人として成長すること。学:「游」や「働」の体験から学ぶこと。体験と学びから反省すること。

游・働・学は誰のため

子供の自立のための游働学①創意工夫の游び②社会を知るために働く③自立するために学ぶ。社会人の自立のための游働学①ストレス解消の游び②コミュニケーション(共存・協調)のために働く③自己研鑽の学び。高齢者の自立のための游働学①悠々自適のために游ぶ②健康のために働く③人生まっとうのために学ぶ

游・働・学の実践

人としての生き方を学ぶ:人のために行動(挑戦)、人のために労働(成長)、人のために学問(反省) 人生の生きがい・楽しみを造る:生きるとは、「志」、「目標」、「目的」の達成である。 子供の自立:親の生き方を子供がまねる。子供に対する躾と教育